ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マツコデラックス
マツコデラックス、他のおネエキャラとは一味違う♫
最近、いわゆる「オカマ」がすっかり市民権を得ているのは、とても宜しい傾向だと思います。中には「哀愁感漂い過ぎ」というキャラの方もいらっしゃいますけど…みなさん!マツコデラックスは、何かひと味違う格の高さを感じませんか?よく、オカマの方は「女脳と男脳を持っている!」から頭の回転がいいなんて言われていますけど (*゚▽゚*) 普通の人でも、男は女脳、女は男脳を10%から20%くらいは持っていると言います(^ω^)
けど、マツコデラックスは、そんな一般的レベルではないですね。あの全身に、男脳と女脳をうまく共存させていて、何かの話題について発言するとき、瞬時にそれらが混じり合って、独特の発言になるのでしょう。
たまに見るテレビでの「過激!」ともされる、政治的な発言にも、喝采している人が多いと聞きます。小泉元総理と、その息子・進次郎についても「も、血反吐が出るくらい大っキライ(;゚Д゚)!あの人達が、国民に何をしてくれたというの!」などは Twitterやfacebookでも、かなり取り上げられているということですから、マツコ発言に注目している人はかなり多そう。
かく言う私も、マツコデ発言のほぼ全ての案件のお答えに納得してしまうのです。バランス感覚の絶妙さは、その容姿とともにまさに圧巻!当分目の離せない人ですよ。TOKYO MXの情報番組「5時に夢中!」放映中、MCが「元々は文筆業だったマツコがTVの中で生きていこうと決めた瞬間はあったのか?」と問いかけると、マツコは「惰性よね…」と回答(;一_一)
特にTVを頑張ろうと思っていた訳ではなく、現在の状況はなりゆきだと語った。また、マツコは、TVに出ることは「魂を売る作業であり、見る人が増えればそれだけ魂をばらまくことになるので、恐怖を感じていた」そうだ。さらに、軽い口調ながらも「私はマスメディアの犬です」と発言。MCを困惑させたこともあったとか。なかなかここまでは言えませんよ(゚o゚;;
また、過激発言については「全然ノリじゃなくて本心よ。おまんま食べてるんだから…」とか「電波芸者ですよ私。お呼びがかかったら、ちょっとでもしなをつくって、お酌をして、またお呼びがかかるのを待つっていう繰り返しじゃない、こんな仕事?」…うん、スゴい!この達観ぶり。
マツコデラックス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。