ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よぎんち
よぎんち、暑さに負けず元気にやってま~す(⌒▽⌒)v
2013080201
さてさて、劇団「め組」の“よぎんち” 公演ですが、水曜日にお陰さまで、無事初日を迎えることが出来ました<(_ _)> 
今回も、コメディ色が強い出し物なので、若手が演じると、私といたしましては、そりゃ~相当オーバーワークになるワケですよ。理由はまず、若い人は怖いもの知らず (;゚Д゚)! 芸の若気の至り?にこちらとしては付き合うワケいかないので、リスク回避にてんやわんやの日々なんです。
手直しに、ダメ出し!何故そこまでしてお笑い系の舞台をやりたいのか?と尋ねられる機会が多いのですが、私自身が若い頃、お笑いに携わっていて、その重要性を身をもって知っているのと、長い間「ヨギプロ」でも、お笑いのライブをやっていたカンパニーDNAでもあるのです(⌒▽⌒)/
確か、以前にも似たようなことを書きましたが、従来の演目をご贔屓にしていただいている方々は「よぎんち」の演目に戸惑われたことと思います。しかしながら、劇団創立30年近く経った今、これからも劇団「め組」の時代劇をご贔屓にしていただくにしろ、今一度、仕切り直しをしたかったのです。理由はズバリ「時の流れと共に演じる人!」日本人の感性というか、中身が変化して来ていることを数年前から強く感じていたからなのです。
タレントや声優、 役者やダンサー、ミュージシャンの垣根が確実に崩れ、いずれ「これまでにない新しい形!」に落ち着いて行くと思うのですが、かと言って時代に媚びているわけではないのです。役者として表現することには変わりありません。劇団「め組」の新しい入り口を作りたいのです。
普通、ブログでこんなに正直に書く必要性はありませんけど。
中野のMOMOで「よぎんち」の公演やってますよ。観に来て下さ~い。なんて書けば良いのでしょうが、やはりヨギダスを覗いてくださる方には正直な私の考えと「強い意思♪」をお伝えしておきたかった次第でございます。てな事で従来の劇団「め組のDNA」を、何よりも大切にしながら、本公演も来年から、思いっきり!リニューアルしていきますからね((((;゚Д゚))))/
もちろん!合馬作品も最大限に活かしますよ。お楽しみに!
2013080202
劇団「め組」


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。