ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆
お盆、この頃 迎え火を焚く光景を見なくなった(―_―)
2013080903
お盆というのは、ご先祖や亡くなった人たちの霊を祀る行事で、昔は、親たちが迎え火を焚いて、ご先祖さまをお迎えしたものでした。与儀家だけかもしれませんが、お盆にはお墓参りをしたあと、墓前で幕の内弁当などを親類縁者で食べながら、ご先祖を偲ぶという習慣がありました。
我が家のお盆は、7月15日から3日間です。午前中、お墓参りに行き、夕方玄関先と言いたい所ですが、マンションなのでベランダで迎え火を焚いて胡瓜を馬に見立ててお迎えします。馬はなるべく早く着くようにです。
仏壇にお線香を焚きます。沖縄のお線香は少し変わっていて平御香(ヒラウコー)といって6本が一束になっています。その晩のご先祖のお食事は、お迎えした胡瓜となすをサイコロ角に切って、お米をひとつまみ加えてサッと混ぜ合わせたものが主食になります。でも、それだけでは寂しいのでお菓子やらお酒などもお供えします。で、翌日は御ご先祖は1日遊びに出掛けるそうなので、私は、お弁当におにぎりを持っていってもらいます。
で、3日目のお帰りになる日は朝からお迎えした時のメニュー。 胡瓜とナスとお米の主食と美味しそうなものをお供えして、夕方ベランダでナスを牛に見立ててお送り致します。牛はゆっくり帰ってもらうように…です。我が家のお盆はこんな具合です。 両親は沖縄出身ですが私自身は生まれも育ちも東京なので、沖縄のお盆はあまり詳しくありませんが、沖縄のお盆は話に聞いているだけですが、一度は実際に体験?してみたいものです(一_一)
沖縄のお盆のやり方は地域によって違いますが、一般的なお盆は旧暦で行うようです。前述しましたが今年2013年は8月19~8月21日の3日間です。因みに盆入りは(ウンケー)中日は(ナカヌヒー)最終日は(ウークイ)と呼ばれます。そしてみなさんご存知のエイサー。もともとは旧盆に祖先の霊を送り出す行事だそうです。エイサーはぜひ見てみたい行事です。
現在、東京では、8月13日から16日までの4日間をお盆休みとする企業や商店などが一般的のようですね。劇団でも地方の子たちは、ほぼ8月に「お盆帰郷」しています。でも、最近では、家族でお盆行事をするという光景をほとんど目にしなくなりましたよね。ご先祖を敬うということも、一昔前までは、親が子どもにちゃんと教えたものですが、そういう大事な「心」を育てる家庭教育が薄れてきている気がします。ちょっと残念ですが。
2013080901 2013080902  
お盆とは
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。