ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の日本人!
最後の日本人!多彩で好奇心旺盛で明け透け(^O^)/
2013082301
友人から紹介された方と、いつの間にか、その人と同じくらい親しくなってしまうということがよくありますが、劇団「め組」の舞台をいつも観に来てくださる理学療法士の柳川進さんは、まさにそういう方です。
その柳川さん!堂々たる体躯に人懐こい笑顔で、今どきの日本人には珍しく、明るくハキハキと大志を抱いた少年の新鮮さを そのままに見事大人に仕上がって、まだまだ進化が止まらない!立派な男なのです。
「明け透け」と言う言葉の意味を辞書で調べると、一番目に書いてあるのが 包み隠しのないさま。まさに明け透けと言う表現がしっくり来るのが柳川さんなのです。あっ!それから大事なことを忘れていました。
柳川さん多趣味でいらっしゃいます。なかでも飛行機のライセンス!詳しいことはわかりませんが上級者試験を次々とクリアしてこちらも進化が止まらないようです。飛行機を飛ばして、大島などの離島や僻地などに診療に出かけたりもしますから、もう単なる趣味の域を超えていますね。
そんな柳川さんが8月18日、めでたく50歳のお誕生日。
吉祥寺のビストロで 楽しいお祝いの宴♪が開かれました。
柳川さんは、夢と理想に燃える「熱い男!」なんですが、彼とともに働く、仲間やお弟子さん、先輩・後輩などは、類は友を呼ぶ!の例え通り、やっぱり、心優しく熱い方ばかりでした。こんな「熱い人たち」が、こんなにたくさん周囲にいるというのは、何だかとても心強いものです(^^)v
「人の助けを必要としている人を助けられる人になりなさい!」物心ついた頃から、お母さまにそう諭されて育ってきた影響で、理学療法士を志したという柳川さんの情熱は、同じ意思を持つ人々の共感を呼び、次第に「熱い集団」が形成されていったようで、お互いの信頼の高さはスゴい!
ところで、理学療法士というのは、どんな仕事かというと、ケガや病気などで、身体に障害が残ってしまった人や、障害の発生が予測される人に対して、基本的な動作能力(座る、立つ、歩くなど)の維持や回復、障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気などの物理的手段)を用い、自立した日常生活が送れるように支援する医学的リハビリテーションの専門職なのだとか。身近に 柳川さんのようなプロがいるので安心です♪
つばさグループ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。