ヨギプロダクション・劇団め組のある、吉祥寺の魅力をYOGIDASならではのこだわり(独断と偏見)の視点で徹底解明?してしまおう!という“日本初”ドキュメンタリー系ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮崎駿監督
宮崎駿監督、才能ある人の潔い引き際でした(―_―)
2013090901
お馴染みの宮崎駿監督が、現在公開中の映画「風立ちぬ」をもって、長編映画からの引退を発表しました。宮崎監督は「何度となく辞めると言って騒ぎを起こしてきましたが、今回は本気です」と、先日会見しました。
宮崎監督は「風立ちぬ」は「崖の上のポニョ」から5年かかっていることにふれ「作品完成までには5年かかるんです。次の作品、考え始めると5年じゃすまない。この年齢(72)だと、これからは7年はかかる。すると80歳になる。あと10年仕事が続けられたらいいなと思うが、僕の長編アニメーションの時代は終わったんだと思っています」と感慨深げに語りました。
今後については「僕は自由!やらない自由もあるんですが、車が運転できる限り、毎日アトリエには行こうと思っています。休んでいるうちに見えることがあると思う。今後は、前からやりたかったことをやろうと思っている。それはアニメーションではございません。でも、やれなかったらみっともないので、言いません」と、インタビューに応えていました。
宮崎監督は「『風立ちぬ』が支持されているときに、このことを決めた。そういうことでいうと良かったと思う」と語り、今後のスタジオジブリについては「11月23日公開の『かぐや姫の物語』(高畑勲監督)の物語を鋭意制作中。来年の夏を目指してもう1本、映画を製作中です」と明かしました。
「風立ちぬ」では、日本の民族主義や戦争への警告がテーマとなっています。また、また宮崎監督は安倍首相による改憲の動きを批判。また、従軍慰安婦問題について明確に謝罪し賠償するべきと発言していました。さらに、東電批判や、反原発宣言もしているためか、これを受けた日本の“右翼勢力!”は宮崎監督への批判を強め「反日売国奴」との声も上げています。
一方、韓国メディアは宮崎監督を大絶賛!韓国毎日経済新聞は「宮崎監督の博愛と世界平和の希求に感服させられた」と絶賛しています。それにしても才能ある方の潔さと発想には、驚かされるばかりです。
宮崎駿監督引退会見
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。